読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

九九を暗記しないフィンランド!?

oneokrock グルメ スポーツ 教育 旅行 日記 読書

gendai.ismedia.jp

 

日本の教育では、知識を徹底的に詰め込む教育がされてきた。最近アクティブラーニングが取り入れ出されているが

 

しかし、世界の教育大国フィンランドでは、電卓をつかって勉強しているという。

日本では少し考えれない勉強方法ww

 

 

覚えることに必死な受験生

保守的な考えが多い日本では、機械に頼らず暗記、詰め込みを行う。

1192イイクニ作ろう鎌倉幕府など、たくさんの人が覚えてきたと思う。

だが、社会にでて使うことはない。

さらに今は【1192イイクニ】ではなく【1185イイハコ】とも聞くようになった。www

 

 

学びの本質がズレている、、、

 

なぜ鎌倉幕府では、このような政策をとったのか?

自分が将軍ならどんな政策を作るのか?

など、徹底的に考えさせ、議論させた方が考える力がつくと思う。

 

確かに基盤となる知識は必要だが、いつまでも考えられない人間になってしまう。

 

大学生がとりあえず内定をもらう、好きなことがないから、適当に就活する。

そして、企業に入り、愚痴をこぼし、酒を飲む。

→これは日本が本当にやばい証拠。

 

アメリカの人は、自分の仕事に誇りを持っている。

「オレはこんな仕事してるんだよ!すごいだろ!自慢なんだ!」

「オレが今やっている仕事の話をさせてくれよ!めっちゃくちゃ充実してるんだ!」

と、アメリカの人は話すという。自分自身話を聞いたことがある。

 

日本の人から仕事充実していると聞いたことがない、、

 

たくさんの社会人と話をしてきたが、自分の仕事に誇りを持っている人は、ごく一部だと思った。

 

なんでこんな考え方が違うのか?

 

日本協調性を重要視するあまり、無個性を生み出しているのではないか?と思った

20でやりたいことがないことは、ありうることだろう。

しかし、何も考えず働き、定年を迎え、やっと趣味探しを始め、熱中しだす。

 

機械のように働くために生まれてきたのだろうか?

自分は何が好きなのか、何をしたいのかを見失う洗脳に知らずとかかってしまっている。